今流行りのガールズバーで働くメリット

ホールスタッフとして働くお仕事では、立ち仕事になります。立ち仕事をする時には、辛いのは足です。
何時間も立ちっぱなしでお仕事をする為、もちろん足が痛くなってしまいます。
毎日働いている方は立ち仕事での足の痛みには慣れるものですが、フルタイムで働いていない方、中々足の痛みに慣れないはずです。
これがホールスタッフとして働く時のきついと思える部分であり、ホールスタッフの悩みの一つとなります。
ガールズバーでも全く同じです。歩き回るという訳ではありませんが、ずっとカウンター内で立ち仕事になります。
これがキャバクラだとお客様の隣に座って接客をするということになりますが、ガールズバーの場合は、あくまでもバーテンダーとして働いて為、立ち仕事は避けることができません。
足の痛みも日常的にあると考えた方が良いでしょう。

お客様に簡単な料理やお酒を提供しながら、話をして楽しい時間を過ごしてもらうのがガールズバーでのお仕事になります。
難しいカクテルに関しては、お店のスタッフの方が作ってくれる為、難しい内容のお仕事ではありません。
あくまでもお客様に楽しい時間を過ごしてもらうことに徹すれば問題ないです。お客様も女性キャストを目当てに足を運んでいます。
単にお酒を飲むだけなら、もっと安い料金のバーに足を運びます。そのため、お客様のニーズにしっかり応えることが大事になります。
でも、長時間での立ち仕事になる為、どうしても足の痛みに集中できなくなってしまうこともあります。
お店によっては、お客様に見えないようにサンダルを履いても良いお店もあります。
体力面が心配な方は、該当するお店で働いた方が良いでしょう。

慣れてくれば立ち仕事での足の痛みには慣れるものです。しかし、最初の頃はどうしてもこの部分が大きな悩みになってしまいます。
そのため、最初の頃には短い時間を選択するのが一つの方法になります。
出勤時間や出勤日数に関しては、自分の都合を優先して決めることができる為、この点を上手に活用します。
最初はお仕事に慣れる為はもちろん、足の痛みのことも考えて短い時間を選択するということです。
立ち仕事を始めておこなう方にとって、意外に大きな悩みになってしまいます。
慣れてきてから働く時間を長くするということも、お店側の方としっかり話し合いをすれば可能であり、甘く考えない方が良いでしょう。